業務デザイナーの活用シーンを業種別、用途別でご紹介します。

活用シーン

業務デザイナーの使い方は様々。このページでは用途や業種別に活用例を紹介しています

用途で探す 稟議申請

稟議申請

経費申請

経費申請

品質管理

品質管理

その他の用途

その他の用途

業種で探す 製造業など

製造業など

医療・福祉など

医療・福祉など

サービス業など

サービス業など

その他の業種

その他の業種

活用シーン: その他の用途

製造業

製造指図から記録処理までの一元化

業種:製造業など

使用用途:その他の用途




【導入機能概要】

製造指図から記録書までをデータ化することで、生産性を数値として取得することが容易になり、生産性の向上に向けた対策を打ち易くなります。これまで行っていた打ち込み作業がデータファイルの取込作業だけになることで、作業負荷が大幅に軽減されるだけではなく、入力ミス等によるデータ不整合や修正の手間が無くなります。

病院

院内QC活動の一環として、“業務統制”と“情報連携”の更なる強化を書類の電子化で実現

業種:医療・福祉など

使用用途:その他の用途




【導入機能概要】

これまで紙で記録・回覧を行っていた院内業務をシステム化することにより、ペーパーレス化による書類回覧業務のコスト削減に成功しました。決裁状況の可視化や停滞の防止による決裁の迅速化にも繋がり、更には書類の電子化を行ったことで、申請書類の紛失も防げるようになりました。また、蓄積したデータを検索・集計・加工による統計業務に使用することで、これまでデータ整備にかかっていた時間を、他の業務に充てることが可能になりました。

医療機器製造メーカー

苦情(クレーム)管理の効率化による製品品質の向上

業種:製造業など、医療・福祉など、その他の業種

使用用途:品質管理、その他の用途




【導入機能概要】

資料作成や苦情台帳管理の手間が削減、排除されることで、品質の向上につながる分析作業にマンパワーを割けるようになります。また、進捗状況を一目で把握できるため、滞留案件や遅延案件の排除に繋がり、顧客信頼の向上に繋げられます。顧客への苦情、意見を共有することで、管理部門への資料、情報開示の依頼が減少し、業務へ集中出来る環境を整え、更なる改善活動に繋がります。