MENU

Scene

活用シーン

防災情報の一元管理に「業務デザイナー」

主な対象業種:自治体、公共団体

主な利用部署:危機管理室、都市整備部、防災課など

住民からの情報をデータで管理

平時に住民から寄せられる災害時にリスクの高い場所の情報をデータ化し、

関係部署間で共有して該当場所の整備や災害対策に活用します。

また、避難場所における備蓄品状況の報告・申請ができ、遠隔から状況確認が可能です。

Point
  • ・住民からの災害リスク情報をデータ化
  • ・関係部署で情報を共有し、整備や対策に活用
  • ・避難場所の備蓄状況を報告・申請し、遠隔確認可能

出先機関との連携を効率化

ワークフローシステムを活用することで、遠方の支所や出先機関へのFAXや郵送など、紙を前提としたやり取りから脱却し、申請業務の連携をスムーズに行います。

Point
  • ・紙を前提としたやり取りを廃止
    ・遠方の支所や出先機関との申請業務をスムーズに連携
運用イメージ

市民から寄せられた災害リスクエリアの情報や、災害時の指定避難場所と指定されているエリアの備蓄状況を
「業務デザイナー」の帳票で記入・運用し、情報を一元管理します。
「業務デザイナー クラウド」「業務デザイナー」のポイント
Point
    • ・スマートフォンやタブレットでの利用に対応

      現地での状況確認の際に、リアルタイムで情報更新ができます。

  • ・申請・承認や各種報告業務を、帳票・フローの設定により実現

    撮影後すぐに帳票作成ができ、いち早く正確な情報を連携できます。スマートフォンで撮影した画像の直接貼付も可能です。

  • ・情報を一元管理し、蓄積した情報の2次活用も簡単

    抽出に必要な項目を選んで保存し、最新データをExcelに出力できます。帳票情報から台帳を作成可能です。

「業務デザイナー クラウド」資料ダウンロード

資料ダウンロード

「業務デザイナー」資料ダウンロード

資料ダウンロード
関連する弊社製品
ワークフローシステム「業務デザイナー クラウド」
ワークフローシステム「業務デザイナー」
直近開催のセミナー

【7/25WEBセミナー】インターフェックスWeek 東京で聞いた薬事業界のリアルなお声と課題に対する解決策のご提案

【7/11WEBセミナー】進化した版下チェック~課題と新機能のご紹介~<終了しました>

製品導入事例