業務デザイナーの活用シーンを業種別、用途別でご紹介します。

活用シーン

業務デザイナーの使い方は様々。このページでは用途や業種別に活用例を紹介しています

用途で探す 稟議申請

稟議申請

経費申請

経費申請

品質管理

品質管理

その他の用途

その他の用途

業種で探す 製造業など

製造業など

医療・福祉など

医療・福祉など

サービス業など

サービス業など

その他の業種

その他の業種

活用シーン: 稟議申請

飲食業(チェーン展開)企業

残業や休暇といった勤怠に関する申請の効率化

業種:サービス業など

使用用途:稟議申請




【導入機能概要】

これまでは、残業申請書の紛失や停滞が発生しており、担当の方への大きな負荷となっていました。
また、全国各地の拠点から本社へ申請書が郵便で届くため、到着までの時間もかかっていました。


「業務デザイナー」で残業申請をワークフロー化することで、物理的にも手間が省け、申請書の紛失や停滞もなくなり、担当者へ早く届くようになりました。残業チェック作業の際にも、今まではタイムカードの打刻内容の一覧表と申請書一枚一枚とを突き合わせていましたが、申請書の一覧をボタン一つでリアルタイム集計して表示出来るため、チェックのスピード化を実現しました。

公益財団法人運営

公益法人化に向け、内部統制を強化

業種:その他の業種

使用用途:稟議申請、経費申請




【導入機能概要】

・決済業務の迅速化とコスト削減に成功
決裁文書の郵送/FAXが不要になり、起案から決裁まで迅速に進むようになりました。また、各人の行動予定が確認でき、申請のタイミングを計算できるようになりました。

・決済及び経費精算業務の統制強化を実現
決裁者に自動的に申請される為、決裁者間違い等によるリスクがなくなり、交際費など支部間の比較が容易になった事で内部統制に繋がりました。