業務デザイナーの活用シーンを業種別、用途別でご紹介します。

活用シーン

業務デザイナーの使い方は様々。このページでは用途や業種別に活用例を紹介しています

用途で探す 稟議申請

稟議申請

経費申請

経費申請

品質管理

品質管理

その他の用途

その他の用途

業種で探す 製造業など

製造業など

医療・福祉など

医療・福祉など

サービス業など

サービス業など

その他の業種

その他の業種

活用シーン: 経費申請

公益財団法人運営

公益法人化に向け、内部統制を強化

業種:その他の業種

使用用途:稟議申請、経費申請




【導入機能概要】

・決済業務の迅速化とコスト削減に成功
決裁文書の郵送/FAXが不要になり、起案から決裁まで迅速に進むようになりました。また、各人の行動予定が確認でき、申請のタイミングを計算できるようになりました。

・決済及び経費精算業務の統制強化を実現
決裁者に自動的に申請される為、決裁者間違い等によるリスクがなくなり、交際費など支部間の比較が容易になった事で内部統制に繋がりました。

交通費・経費支払申請の簡素化

業種:製造業など、医療・福祉など、サービス業など、その他の業種

使用用途:経費申請




【導入機能概要】

これまでは、営業担当が個別で申請を行い、かつフォーマットも決まっていないため、バラバラと申請されてくる内容を一つ一つ経路と料金が合っているのか確認しながらExcel台帳への転記を行っていました。時間と手間がかかることから、担当者の大きな負担となっていました。

ワークフローを活用することで、申請担当者はICカードからの情報で申請が完了し、経理担当者は経路情報を簡単に確認するだけで確認作業が完了します。従来かかっていた時間と手間を大幅に削減することが可能になり、台帳への二重登録から脱却しました。