【WEBセミナー】薬事業界様必見!『年次照査の課題と対応』


薬事業界の皆様、

毎年、多数の製品の「製品品質の照査(年次照査)」を行うにあたり、
このようなお困り事はございませんか?

・照査に必要な情報源が、各種システム(MES、LIMS、QMS、などなど)に分かれており、集約が大変
・情報元が紙の場合もあり、検索や集約、転記等の作業に大きく手間取っている
・情報の集約に時間がかかり、改善のサイクル(フィードバック)を回す余力が無い

改正GMP省令においても、「製品品質の照査(第11条の3)」が明文化され、
さらに需要な業務になってきました。

今回のセミナーでは、上記のような
「お困りごと(年次照査における課題)」や、「年次照査のあるべき姿」から、
「どのような改善が可能なのか」について、ご紹介させていただきます。

是非皆様の、年次照査業務のご参考にしていただければと思いますので、
ふるってご参加ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽▼製品の詳細はこちら▼▽
『品質管理システム 品質デザイナー for GxP』
「品質デザイナー for GxP」で改善可能な業務(一例)
・品質管理のシステム化
・業務のトレーサビリティ(一元管理)
・CSVへの対応

『文書管理システム 文書デザイナー』
「文書デザイナー」で改善可能な業務(一例)
・手順書、基準書等の電子文書保管および参照
・最新版の自動管理
・規定書とフローの連携

◎「製造記録書の発行管理」に関する詳細はこちら
【製薬企業向け】「製造記録書の発行管理システム」
~監査業務厳格化に伴った、製造記録書の発行管理電子化ニーズへの対応~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セミナー詳細
会   期: 2021年09月08日(水)
開催時間 : 15:30~16:30
参加費: 無料
視聴URL: 参加希望の方にお送りします。
※開催の前日にお送りさせていただきます。


このページのトップへ