見積デザイナーの活用シーンを業種別でご紹介します。

活用シーン

見積デザイナーの使い方は様々。
このページでは業種別に活用例を紹介しています

業種で探す 卸売・小売業

卸売・小売業

ロジスティックス

ロジスティックス

建設業

建設業

製造業(自動車)

製造業(自動車)

情報・通信

情報・通信

活用シーン: 卸売・小売業

卸売・小売業(建設機械)

見積管理業務全体の最適化に成功!

業種:建設機械、機材、設備機器の販売、レンタル


【導入機能概要】

●課題
①見積書の様式が統一されておらず、過去に作成した見積内容の把握が困難だった。
②承認者が不在の場合、客先への提出の遅延が発生していた。
③見積業務の統制が取られておらず、誤った見積書の提出による信頼性の低下のリスクがあった。

●導入後の効果
①共通フォーマットの管理を行うことで、様式の統一が可能となった。
②承認者が外出していた場合も、外出先からの承認が行われることで、提出速度が向上した。
③統制のとれた管理・運用を確立させる事により、見積作成ミスを削減。リスク回避に繋がった。

卸売・小売業

見積書の管理・運用を標準化し、業務負荷を改善

業種:LED電球・ハロゲン電球・証明器具等の販売


【導入機能概要】

●課題
①見積書作成時にExcelを使用。営業担当毎に見積書のレイアウトが異なっていた。
②本来、所属長の承認を貰って、お客様に見積書を提示するルールだが、承認を貰わずに提出する営業がいた。
③製品明細をカタログから検索し手作業で転記。入力ミス・漏れが多い。

●導入後の効果
①見積書を「標準レイアウト」として「見積デザイナー」に実装し、見積フォーマットの統一を行った。
②承認がもらえないと印刷ボタンが表示されない制御を実装する事で、運用手順を統一した。
③マスタ管理機能を使い、入力ミスを防止。入力負荷も低下できた。

活用シーン: ロジスティックス

ロジスティックス

準備中のため、しばらくお待ち下さい。

活用シーン: 建設業

建設業

準備中のため、しばらくお待ち下さい。

活用シーン: 製造業(自動車)

製造業(自動車)

テンプレート機能を活用し、客先毎の見積書をらくらく作成

業種:自動車部品の工業炉製造


【導入機能概要】

●課題
①取引先によって異なるレイアウトでの見積作成が必要であった。
②品名一覧表から必要項目を検索・転記する作業があり、項目が多いと時間がかかる。
③見積書を個人管理の状態である。
④受注率を始めとした分析業務が行えていなかった。

●導入後に得られた効果
①テンプレート機能により、客先毎のレイアウトの見積作成時もスムーズに作成
②品名マスタの登録により見積作成負荷を軽減
③見積の個人管理(ローカルでの管理)を撤廃し、過去作成見積を共有しながら見積作成が可能になった。
④見積ステータス(客先提示済,受注,失注)管理が容易に。
 受注率の算出を行うことで、見積精度の向上が可能になった。

活用シーン: 情報・通信

情報・通信

準備中のため、しばらくお待ち下さい。
東京本社 03-5425-7211 本社 06-6258-1100 お問い合わせ