人権方針

人権方針


【人権への取り組み】
人権とは、「すべての人々が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」あるいは「人間が人間らしく生きる権利で、生まれながらに持っている権利」であって、だれにとっても大切なもの、 日常の思いやりの心によって守られなければならないものです。

ユニオンシンクは、自らの企業活動において影響を受ける全ての人々の人権が尊重されなければならないことを理解し、人権尊重の責任を果たしていきます。
【基本方針】
  • 企業活動において人権が尊重されるよう、常に配慮して行動します。
  • 人権に関する国際規範を遵守し、人々の多様性を尊重します。
  • 人権を尊重し、強制労働のない企業活動を行います。
  • 従業員の個性と自主性を尊重し、人種・国籍・性別・年齢・宗教・信条・障がいの有無・性の多様性などによる差別は行いません。
  • 職場の仲間の個性や多様性を認め、ハラスメントがない健全で働きやすい職場環境を提供します。
  • すべての人が率直に意見や行動を示せるよう、自由闊達で風通しの良い職場風土の醸成に努めます。
  • 仕事と生活の調和を図り、多様な働き方の実現を目指します。
  • 従業員との誠実な対話と協議を通じて信頼関係を構築します。
  • 従業員に教育の機会を与えるとともに、意欲・能力を伸ばす機会を提供します。

【適用範囲】
本方針は、ユニオンシンクで働く全ての役員と従業員に適用します。また、ユニオンシンクの商品やサービスに関わる全ての取引関係者・ステークホルダーに対しても本方針への理解と支持を求め、ともに人権尊重の責任を果たすよう取り組みます。
【人権デュー・ディリジェンスの実施】
ユニオンシンクは、人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、ユニオンシンクの企業活動に関係する人権への負の影響を特定し、その未然防止および軽減を図ります。
また、ユニオンシンク内だけでなく、全ての取引関係者による人権侵害を助長しないよう努め、私たちが人権侵害を引き起こした、あるいはこれを助長したことが明らかになった場合には、その是正に努めます。
【対話と協議】
ユニオンシンクは、人権方針を実行する過程において、ステークホルダーとの対話と協議を真摯に行います。
【啓発・教育】
ユニオンシンクは、役員および従業員に対して、本方針の実践に必要な教育および研修を継続的に行います。
【責任者】
ユニオンシンクは、本方針の実行に責任を持つ責任者を明確にし、実効性を担保します。
【情報開示】
ユニオンシンクは、人権尊重に関する自らの取り組み状況について自社ホームページ等で公開していきます。

2021年11月1日
株式会社ユニオンシンク
代表取締役  塚本泰伸

このページのトップへ