中堅・中小企業ビジネス

日本企業の規模の内訳を知っていますか?

実は日本の企業の99.7%は中堅・中小企業となっています。

しかしその中堅・中小企業が、システム化されているかといえばそうではありません
大規模システムが入って、全て自動化されて・・・
そんな企業も存在していますが、それはほんのごく一部に過ぎません。

まだまだIT化されていない企業が日本にはたくさん存在しており、それが日本企業の99.7%を占める中堅・中小企業なのです

ユニオンシンクはその星の数ほどある中堅・中小企業をメインターゲットにシステム化の支援をしている、数少ない会社です。

中堅・中小企業ビジネス 中堅・中小企業ビジネス

簡単に言いますと、

「複雑に絡み合っている会社の様々な業務を紐解いて、
デザイナーシリーズ(会計や内部統制システムなど)
と連携!業務に変革を生み出す。」ということをしています。

具体的には、

中堅・中小企業ビジネス

自社製品の

  • 業務連携システム 『クロスオーバーデザイナー』
  • ワークフローシステム 『業務デザイナー』
  • 固定資産・リース資産管理システム 『固定資産デザイナー』
  • 見積管理システム 『見積デザイナー』
  • 経費支払管理システム 『経費支払デザイナー』
  • 会計情報システム 『経営デザイナー』

基幹業務に対する各種業務システムを中心とした業務統合システムの提案を行っています。

中堅・中小企業ビジネス

少し詳しいお話をすると、
『業務デザイナー』は2008年から施行された日本版SOX法に対応した内部統制のコンサルティングシステム化支援を、日本全国、多くの企業に対して行っており、 要件定義・開発~導入サポートから捕手にいたるまでを幅広く対応しています。

ユニオンシンクの商品開発スタッフは、ソフトウェア開発だけでなく、ハードウェアも含めたトータルなシステム提案力を生かし、 プロデューサー的役割を果たしていると言っても過言ではありません。また、お客様へのサポート体制として自社でサポートセンターを設け、 常時お客様の声をダイレクトにシステム開発に生かし、高いレベルでの「顧客満足」の実現を追求しています。

『経営デザイナー』 『固定資産デザイナー』 『経費支払デザイナー』 は従来のソフトウェア開発方法の考え方を大きく変えたオブジェクト指向により設計を行い、 Javaにより開発を行っています。
従来から持ち合わせている技術資産を活用するだけでなく、JavaやC#といった先端のテクニックも駆使して、 ユニオンシンクとして新たな分野を切り拓く役割も担っています

中堅・中小企業ビジネス 中堅・中小企業ビジネス 中堅・中小企業ビジネス
皆さんには業務を通して技術スキルだけでなく業務ノウハウやマネージメントスキル等のスキルを身につけ、 お客様へ提案できる、アプリケーションSEを目指して頂きます