ユニオンシンクブランド

デザイナー・シリーズ」とは
様々な既製のパッケージソフトが乱戦を繰り広げる中、 既製品では実現できない「お客様の業務形態に合わせたカスタマイズ」と「充実のコンサルティング・サポート」を武器に、世に送り出されたユニオンシンクの戦略商品です。
ユニオンシンクが目指す「トータルソリューションONLY 1」を推進していく上での中核として位置づけています。

パッケージソフトでは業務に合わず、完全受注開発では時間とコストが掛かるという中堅中小企業をターゲットとして、「高品質」「低コスト」をモットーに、日本の企業の99%を占める中堅中小企業のシステム化実現に努めております。


UTCのソリューション

ソリューションマップ 業務連携システム『クロスオーバーデザイナー』 会計情報システム『経営デザイナー』 ワークフローシステム『業務ザイナー』 見積管理システム『見積ザイナー』 固定資産・リース資産管理システム『固定資産デザイナー』 経費支払管理システム『経費支払デザイナー』

デザイナー・シリーズ

『クロスオーバーデザイナー』

個々のシステムをつなぎ、「仮想ERP」とも言える統合環境を”既存のシステムを置き換える事なく”実現させます。

★Point!

「システムをつなぐ」とは 


クロスオーバーデザイナーを活用したBPR(業務改革)の結果、システム間を連携させ全体最適を実現させることです。

『業務デザイナー』

内部統制・J-SOX法に対応した、プログラミング不要なワークフローシステム。 社内業務の運用効率化のお手伝いをします。

★Point!

内部統制とは 


業務の有効性(事業活動や業務の目的が達成された度合い)・効率性(時間・人員・コスト等の資源が合理的に使用される度合い)や 財務諸表の信頼性、関連法規の遵守を達成する為に 各業務で基準や手続きを決め、管理・監視・保障を行うことです。

『経営デザイナー』

管理会計と財務会計の有機的な結合により、各種業務システムをトータルでサポートするマルチカンパニーに対応した会計情報システム です。

★Point!

管理会計とは 


意思決定や組織内部の業績測定・業績評価に役立てる為に、企業の経営管理者に提供される会計情報のことです。
財務会計が外部の株主・債権者・取引先・税務当局などの利害関係者へ報告する為の会計であるのとは逆に、 管理会計は経営者や管理責任者などの企業内部の人間を会計情報の利用者とする為、「内部報告会計」とも言います。

『固定資産デザイナー』

新減価償却制度に対応した償却計算や、リース会計基準に対応したリース管理・固定資産管理を行う固定資産・リース資産管理システム です。

★Point!

リース会計基準とは 


リース取引の種類(ファイナンスリース、オペレーティングリース)やリース物件の会計処理について借手側、貸手側それぞれの処理方法について定められた、リース取引における会計処理を定めた基準のことです。 以前は、ファイナンスリース取引において通常の賃貸借取引に準じた会計処理を例外に行うことが認められていましたが、近年では見直されつつあります。 ※リースとは賃貸借のことです。