注目キーワード

経費支払管理

経費支払管理について

業務系システムにて買掛の管理とそれに対する支払の管理は実現している企業が多いですが、経費の管理については、 業務系システムの範囲外となっており、手作業で対応している企業が多いのが現状です。

経費管理業務の立ち遅れ
  • 経費管理と承認処理は手作業
  • 社員の小口交通費の精算は現金
  • 申請証憑を経理担当者が再入力
  • 銀行振込み用データの作成
業務負担が多い!!
経費管理業務:立ち遅れイメージ

経費管理業務の課題

経費管理業務の業務負荷は企業にとって大きく、手作業を減らし、ミスと業務負荷の軽減が必要です。

業務負荷軽減要素
  • 処理業務の簡素化
  • 重複処理によるミスを無くす
  • ファームバンキング連動による、キャッシュレス化
業務効率の向上!!
経費管理業務:業務負荷軽減イメージ

ワークフローシステムと経費管理業務の連携
ワークフローシステムとの連携でさらに
  • 現場での入力が実現でき、本社一括入力等のボトルネック解消が可能
  • 承認処理電子化により、書類の郵送等のタイムラグがなく承認遅れを回避可能
  • 一度入力されたデータがそのまま他業務に活用でき関連業務の負担が軽減可能
経費支払管理:ワークフローシステムとの連携
経費支払管理:経営管理システム
システム導入により

支払業務の管理・支払実務までを一元化処理することが可能となります。
会計への仕訳データ取込もできるので振替伝票入力等の業務をなくし効率化を図ることが可能です。

システム導入の狙いと効果
  • 伝票が不要となり、各自の伝票起票作業の緩和および伝票用紙代を削減する事が可能
  • 電子決裁により、決裁業務を迅速化が可能
  • キャッシュレス化により、支払いに関する出納業務を大幅に簡素化が可能
  • 会計システムの入力や仕訳精査等の経理業務を軽減が可能
  • 支払業務および経理業務の迅速化により決算の早期確定をサポート
  • 業務の進捗状況が把握できる為、「どのプロセスに最も時間がかかっているか」「どこがボトルネックなのか」を分析可能
  • 発生主義による処理が可能となり決算期の業務の簡素化が実現
経費支払管理:システム導入の狙いと効果イメージ
『経営デザイナー』『業務デザイナー』連携により、
内部統制の確立が可能!!

このページのトップへ