会計情報システム『経営デザイナー』

内部統制制度確立の推進

ユニオンシンクと専属公認会計士が一丸となってお客様の経営管理を支援します。
標準業務フローチャート一覧表
会計情報システム『経営デザイナー』
1 予算・予約仕訳の入力
2 会計システムの日常業務
3 (月次)決算時の処理
1 支払手形振出~決済(通常の支払決済)
2 支払手形残高検証
  (決済期日別・支払先別債務管理)
3 受取手形入手~決済(通常の入金決済)
4 受取手形不渡・その他消滅
5 受取手形残高検証
  (決済期日別・入手先別債権管理)
6 受取手形顛末登録(取立依頼・割引)
7 受取手形顛末登録(裏書・担保差入)

経費支払管理システム『経費支払デザイナー』
1 経費支払の日常業務
2 振込依頼業務
3 経費支払の月次業務

固定資産・リース資産管理システム『固定資産デザイナー』
1 固定資産の導入
2 固定資産の日常業務
3 固定資産の決算時の処理
4 固定資産の税務申告及び予算
1 リース契約の開始
2 リース料の支払・日常業務
3 決算・予算時の諸機能

固定資産管理システム」標準業務フローチャート サンプル例
 

1.設備機器の機種・価格等の決定
仕入先と当社の購入部門との間で設備機器の機種・仕様・価格などの折衝が行なわれる。
通常は2社以上の相見積を取る。

2.稟議決裁
(1)各部門にて稟議書を起票し、部門長承認後、経理部へ回付する。
(2)経理部にて稟議書の受付を行い、内容検討(税務上の問題等)後、経理部長の承認を受け、
この後職務権限規定による決裁者の決裁を得る。稟議書(副)と見積書(写)は、起票部門に返却される。

3.購入物件の発注
(1)各部門にて注文書を起票し、経理部へ回付する。
(2)経理部は、稟議書(正)・見積書と照合後、社印を押印し、
注文書を仕入先に送付する。(物件によっては契約書が結ばれるものもある)

4.購入物件の検収・台帳登録
(1)仕入先より購入物件が納入され、各部門にて検収後、請求書・納品書に稟議No.を付記した後、
   経理部へ回付する。(請求書入手が遅れる場合は、納品書回付先を先行する)
(2)経理部は稟議書・見積書と照合後、固定資産台帳入力を行う。(資本的支出の場合は、資本的支出入力)
(3)支払手続及び会計処理を行う。(業務フローは省略)
(4)経理部は、部門別固定資産台帳を出力し、各部門へ回付する。
  各部門は、管理プレートを購入物件に添付する。(事後の現物管理の為)

このページのトップへ